学資を考えて保険の見積り相談

保険ショップで生命保険の保険相談をする際には「お子さんがいるかどうか?」が大きなポイントとなります。というのは、お子さんがいることで「学費の確保」の必要が生じますので、必要な保障額が大きく変わるのです。お子さんが、幼稚園から大学まで国公立に通った場合でも、800万円以上の学費が必要ですし、全てを私立に通った場合には、2000万円以上の学費が必要と言われています。このほかにも塾・習い事・下宿などにかかる費用が考えられます。

ただ、保険ショップで生命保険の保険相談をすると、意外な思い込みを指摘してもらえる場合があります。たとえば「お子さんが大学を卒業するまで、ずっと800万円(あるいは2000万円)の保障が必要なわけではない」ということもその一つ。

お子さんが既に高校生になっているなら、小学校・中学校の学費はもう払い終わっていますから、その後に必要な学費というのは、減っていきます。このことに気づかず、必要以上の保障を得ようとしている方も、残念ながらいらっしゃるのが現状です。また「学費を確保=学資保険」と考えてしまいがちですが、生命保険で保障が得られるようにする方法もありますので、改めて学資保険に加入する必要がない、という人もいます。保険ショップでプロの方に保険相談をすると、こういった思い込みを正してもらえる可能性が高いのです。

保険ショップで保険相談をして、生命保険の見直しをしたほうが良いのは「お子さんが生まれたとき」「家を買ったとき」「お子さんが経済的に自立をしたとき」「契約者の方が仕事をやめたとき」だと言われています。これらの状況の変化により、生命保険で必要な保障の額が変わってきますので、どうか保険ショップに出向く時間を作るようにしてください。また、生命保険の加入状況については、親子間で話し合いをしておくことも、大切です。「生命保険に加入していることをご遺族が知らなかったために、生命保険金を受け取ることができなかった」ということになれば、生命保険の意味がなくなってしまいますので、注意しましょう。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/