保険と貯蓄との関係を考える

保険ショップで生命保険の保険相談をする前に、貯蓄との関係についても考えておきましょう。たとえば「万が一、夫が亡くなった場合には、3000万円の保障が必要だ」という場合に、貯蓄をして3000万円を用意するのはとても大変なことです。しかし生命保険に加入をしておけば、早い時期に3000万円の保障が得られるようになります。特に、加入希望者の方の年齢が若い間は、多額の貯蓄をすることが難しいですし、お子さんの年齢が幼く今後かかる学費も多額になることが多いですので、早めに生命保険に加入するのが得策と言えます。

一方で、保険ショップの方から、保険相談の際にも注意はあるかとは思いますが「保険料として支払うお金は、貯蓄とは違って自由につかえるお金ではなくなる」という面があります。

保険料を支払うために、貯蓄をまったくできなくなったり、趣味や余暇にかけるお金が全くなくなったりするのは、マネーバランスが悪いです。貯蓄の額があまりにも低いと、マイホームを購入する際にもローンの計画が大変なことになったりする、というデメリットもあり、注意が必要です。

また、保険ショップに保険相談に行く際には、現在「なんとなく」加入している生命保険の保険証券も、是非とも持参してください。「他人の勧めで」「よくわからないまま」加入した生命保険のなかには「思ったより保険の期間が短かった」「自動的に保険料が上昇していくタイプだった」といったケースが隠れている場合があります。

日本では「人の紹介で保険に加入し、なんとなく確認もしないまま、契約を続けている」というケースが多々あったのです。最近になり、ファイナンシャルプランナーの誕生や、「一生涯で支払う保険料の額は、数百万円といった多額にのぼる」という知識が浸透するにつれて、ようやく「生命保険の契約はきちんと自分で確認しよう」という風潮が生まれてきたところです。思い切って、保険ショップで洗いざらい相談する、という考えが良いですね。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/