保険会社直営の保険ショップ

保険会社直営の保険ショップは、大手保険会社が自社商品を取り扱う直営型の保険ショップです。保険会社が経営していますので、当たり前ですが取り扱っている生命保険は、基本的にその保険会社の商品のみとなります。過去の大手保険会社はお客様に考えさせない営業を行ってきました。職場に定期的にくる保険会社のセールスレディのすすめるままに生命保険を契約した方も多いことでしょう。つまり、保険商品はどこでも同じと思わせることに成功したわけです。その証拠に、過去の生命保険会社の保険商品は、名前が異なるだけで、保障額や保険料、配当金まで同じでした。大手生命保険会社なら安心、と考えた消費者心理を逆手に取り、利益を上げていたわけです。

しかし近年、消費者は保険ショップの存在を知ることになります。そこでは複数の保険商品を比較することができます。同時に、同じ保障額でも、大手生命保険会社とネット生命保険会社では、保険料が大幅に違うということに気づき始めました。生命保険も比較して選べることに保険ショップが一役買ったわけです。そんなわけで、従来の販売方法を行っている大手生命保険会社は、売り上げが減少したため危機感を覚え始めます。セールスレディが出向く生命保険の販売方法が、効果的でなくなったためです。そこで、外見は一般的な保険ショップに似た、保険会社直営の保険ショップを展開していくことになります。現在、大手生命保険会社のほとんどが、直営の保険ショップを展開しています。

しかし、一部の例外を除き、その保険ショップで、複数の保険を比較検討することはできません。外見は一般的な保険ショップですが、相談員は従来のセールスレディといった場合も少なくありませんので、注意する必要があります。

しかし保険会社直営の保険ショップにもメリットがあります。どうしてもこの保険商品がいいと思っている場合、その保険についての知識は豊富に持っているはずです。また、自動車保険、火災保険、損害保険を生命保険商品と組み合わせて割引する制度もあるようです。この場合は保険会社直営の保険ショップに相談してみることもできるでしょう。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/