ファイナンシャルプランナー

ほとんどの保険ショップには「ファイナンシャル・プランナー」と呼ばれる資格を持った担当者がいます。ファイナンシャル・プランナーとは「ファイナンシャル=財政や家計」の「プランナー=立案・計画者」という意味です。 お客様から、収支・負債・家族構成・資産状況などの情報を聞き、それをもとにして将来のための資金計画やアドバイスを行う職業のことです。ファイナンシャル・プランナーには「特定の会社の商品のみを顧客に紹介してはならない。自分の利益になるものだけを顧客に紹介してはならない」との倫理規定があります。つまり、第3者の視点で、生命保険の問題点や改善点を指摘してくれるわけです。

特に新たに保険に加入したい人、あるいは現在加入中の保険を見直したい人は、ぜひ1度ファイナンシャル・プランナーの相談を受けることをオススメします。

生命保険は自分で調べることもできます。しかし生命保険はたくさんの種類があります。今、良さそうに思える生命保険でも、10年後、20年後に自分にあっているかどうかはわかりません。その点、ファイナンシャル・プランナーは、生涯設計のプロです。目先の収支だけでなく、一生涯の視点でアドバイスしてくれるはずです。どの生命保険がトータルで考えてよいのかだけでなく、見直す時期やポイントなども教えてくれます。

また、生命保険と収入・家計のバランスについて相談することもできます。

月々数千円や数万円の支払いでも、一生涯支払うとなると、トータルの保険料は新車が買えるほどにもなります。結婚したり、子どもが生まれたり、職業が変わったり、共働きになったりしますと、保障額と生命保険料は見直す必要があるでしょう。特に独身の時加入した生命保険が、そのままになっている場合は要チェックです。ファイナンシャル・プランナーに相談することで、年間で数万円、保険料の合計では数十万円以上の節約ができる場合もあります。生命保険の見直しによるメリットはとても大きいです。ぜひ相談をしてみてください。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/