保険ショップとガン保険

死亡率がもっとも高い病気、しかも長期間の治療が必要な上、再発のリスクも高いのがガンです。保険ショップでもガン保険は多く提案される保険商品です。いつなんどきガンが発症するかわからず、治療を行う際には高額の費用を負担しなければならなくなります。闘病生活には生きがいや心の支えが重要といわれますが、経済的な負担がその足かせになってしまうこともあります。それだけにガン保険に注目が集まるようになっているのです。

保険ショップではガン保険に関する相談業務も行っています。ガン対策のために加入する保険は数ある保険の中でももっとも選択が重要になるものといってよいでしょう。

すでに医療保険に加入している場合、その保障でどの程度カバーできるのかを踏まえたうえで重複しないようにする必要がありますし、医療保険の見直しも念頭に入れつつ検討する選択肢もあります。それだけに保険ショップへの相談、受けられるアドバイスが大きな意味を持ってきます。

また、年齢や過去の病歴も大きな問題となります。高齢になればなるほどガンは発症のリスクが高くなります。とくに近年では高齢男性の肺ガン発症率が急上昇している状況です。年齢によっては加入が断られてしまうケースや、高額の保険料を支払わなければならないケースも出てきます。過去の病歴の場合は再発のリスクから同様の事態に見舞われる可能性があります。ですから自分の健康状態と年齢に踏まえたうえで最適な選択をする必要があるわけです。この場合、終身タイプと定期タイプのどちらを選んだ方がよいのか、安心と経済的な負担のバランスも考慮に入れなければなりません。

もちろん、将来の経済状況、収入と支出のバランスにも配慮が必要です。

こうした難しい判断は、個人や家族の手に余ることも多いのです。そのためにも保険ショップ等で保険のプロのアドバイスを受けることができる保険ショップの役割には大きなものがあります。かかる費用や面倒がネックで利用を躊躇っている人もこうしたメリット、役割を念頭に入れたうえで、まず利用してみることを検討してみてはいかがでしょうか。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/