保険ショップと学資保険

保険ショップでは学資保険はニーズの多い商品です。学資保険に加入する際には慎重な選択が求められます。将来の子供の教育費を確保するために利用する保険ですが、他の生命保険や自動車保険に比べて加入が不可欠、というわけではないからです。コツコツと貯蓄していくのと、どちらが対策として優れているかを比較検討することが求められます。それからもうひとつ、保障の問題もあります。親だけでなく、子供に万一のことがあった場合に保障を受けられるタイプの保険商品もあります。子供が怪我や病気によって入院・手術を余儀なくされた場合に保険金を受け取れるもので、子供が健康に成長するために重要な役割を持ちますが、その分保険料の問題がのしかかってきます。

たとえば親が他の生命保険や共済に加入している場合、あるいはその保険商品に子供に対する保障が加わっている場合には、こうした保障は必要なくなります。保険商品を選ぶ際には他の保険と重複している部分がないかどうかを確認する必要があるわけです。

このように、事前に入念なチェックと確認、そして計画が求められる学資保険ですが、自分たちだけで行おうとするとなかなか困難な面もあります。すべての保険商品をカバーすることは難しいですし、現在加入している他のローンや将来の負担増、あるいは子供が働くようになるまでかかる教育費の総額など、把握しておかなければならないポイントが多々あるからです。そんな時に利用すると便利なのが保険ショップです。

最近駅前やスーパーに店舗を構えるケースが増えており、保険業界で注目を集めているサービスです。ここでは単独、もしくは複数の保険会社から委託を受け、商品の紹介と契約のアドバイスを行っています。担当者はファイナンシャルプランナーを中心とした専門家なので保険の選択はもちろん、広くライフプランの根本からアドバイスを受けて計画を立てていくことができます。

子供の成長には出費増が伴うもの。保険ショップで10年後、15年後を見据えた保険計画を立ててみてはいかがでしょうか。保険ショップで学資保険の検討をしてみましょう。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/