保険ショップと医療保険

保険ショップで医療保険に入ることもできます。医療保険を利用する理由は、ひとそれぞれです。しかし万一の際の備えとして利用する目的に関しては、すべての人に共通しています。健康保険だけではフォローしきれない経済的な負担に関して保障を受けるのが最大の目的となるわけです。たとえば長期の入院を余儀なくされてしまった場合。実費負担だけでも1日1万円以上の負担が必要になる場合もあります。ガンなど治療に時間がかかる病気の場合は100日以上の入院を必要とされる場合もありますから、その際の備えとして保険は重要な意味を持っているのです。また医療の進歩によって増えている健康保険の対象外となる先進医療を受ける際の、経済的な負担にも役立ってくれます。

しかし、医療保険を利用する際には保険料との兼ね合いが求められます。いくら万一の際に充実した保障を得られるとはいっても月々の保険料の負担がのしかかってくるようでは継続して利用することができないでしょう。また保障内容の選択も重要です。自分にとってどんな保障を重視したいのか、あるいはどんな保障は必要ないのかを取捨選択することが重要なのです。

そんな時に役立つのが保険ショップ。店舗を構え、保険商品の設計や商品選択のアドバイスをしてくれる場所です。ここではファイナンシャルプランナーなどお金に関する専門家が相談業務に応じてくれ、加入者ひとりひとり、あるいは家庭環境に合わせた保険の選択をアドバイスしてくれます。医療保険の場合、基本契約の選択はもちろんのこと、特約の取捨選択も重要なテーマとなります。

たとえば本人だけではなく家族に対しても一定の保障を得られる特約など。本人だけでなく家庭環境から経済状況まで幅広く検討したうえで選択することが求められるわけです。さらにすでに加入している保険がある場合には見直しなども考慮に入れながら話し合いを行っていきます。

保険ショップでは事前に予約し、来店することで直接対面して話し合うことができる点が大きな魅力です。疑問点や不安点を解消し、納得のいく選択するためにもうまく活用したい選択肢となるでしょう。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/