保険ショップでの事前準備は

保険ショップを利用するときには、新規での加入を相談したいという人もいれば、加入しているものを見直したいと考えている人もいるでしょう。いずれの場合も、現在の自分の状況を把握しておくことが事前の準備として考えられます。何も考えずに自分に合ったものを紹介してほしいといっても、アドバイスする側も方向性がなければ答えようがないからです。ですから、独身なのか、家族がいるのか、持ち家なのか、賃貸なのかといったことから、人生設計までを整理しておくことも大切になります。保険を選ぶということは自分自身の問題点やリスクを明確にするということです。それがしっかりできないと保険を間違えます。

とくに、それまで加入していた契約内容の見直しをしたいと考えている人は、それがどういった内容になっており、希望としてはどうしたいのかといったことを伝えていく必要があります。毎月の支払い額を減らしたい・ガン特約などの特約を付け足してもしものときに備えたい・保障額そのものを引き上げたい・といったことを希望する人もいるでしょう。もし自分の希望が明確でそれをはっきりさせましよう。

そのような場合に、各保険会社が販売している生命保険の内容には違いがあるので、それらを比較して一番自分の希望に見合うものを選別していくことになるのです。

またテレビコマーシャルやインターネットで気に入った商品があれば「この商品はどうでしょうか」と自分から指名することもいいでしょう。

もちろんどのような保険ショップでも、お店によって人も違うしサービス内容も違うと思わないといけません。保険ショップチェーンにより個性があります。ファイナンシャルプランが得意なところ、医療保険に特化したところ、元生保レディが多いところ。それに扱っている商品にも違いがありますし、分野による得意不得意といったことも考えられます。無料相談を受け付けている保険ショップならば、いくつかの店舗を試してみるのもいいでしょう。店内の雰囲気や対応の仕方なども見ておいて、自分との相性などで本命の店舗や相談相手を決めるといいでしょう。

なお初回の相談で、すぐに契約をする段階まで話を進めないようにすることも大切です。そもそも初回で契約まで進むことはほとんどないでしよう。

だから特定の保険商品を強烈にすすめてきたり、なんでその商品なのか説明が不十分と感じることもあるでしょう。そういったお店にひっかからないためにも、複数の業者の店舗を訪れて、その違いや対応の仕方などを比較してみるのもいいでしょう。ネットで保険ショップを探せます。保険選びは担当者がどういった人かというのも大きな要素になります。

ほかにも、保険ショップの利用方法として知っておきたいのは、事前に予約をしておくといったシステムを採用しているお店もあることです。そうした場合は、メールなどでも事前に簡単なやり取りをしておくことも可能なケースがあります。事前にある程度、情報や希望を伝えておくことで話がスムーズに進みますし、聞きたいことを整理しておくのにも役に立ちます。それから、実際に相談をする段階になったならば、契約済みの保険契約がある場合はその保険証券を用意しておくのがいいでしょう。

次を読む≫


link/ 00/ 01/ 02/